活性酸素とは

活性酸素とは

私達の体は、細胞から作られていて、一つ一つの細胞が血液から酸素と栄養分を受け取り、
酸素で栄養分を燃やして(酸化させて)生命を維持しています。
この代謝の過程で一種の燃えカスとして発生してしまうのが活性酸素です。
生きている限り、活性酸素の発生は避けられません。

活性酸素には、殺菌や解毒作用をしてくれるというプラスの面もありますが、
過剰に発生すると、細胞を傷つけ、老化や病気の原因をつくるという害になってしまいます。

そのため体内には、抗酸化酵素と呼ばれる、活性酸素を除去する酵素が存在しますが、
25歳ごろから体内で酵素を作る能力は徐々に低下していきます。

さらに、以下の原因によっても活性酸素は大量に発生します。

飲酒・たばこ・ストレス・激しいスポーツ
紫外線・食品添加物・農薬・大気汚染

などです。

多くの科学者が活性酸素は老化や病気の主な原因であると考えていて、
活性酸素の影響がなければ、人間は120歳まで病気もせずに
元気に生きられるとも言われています。


活性酸素と戦う、抗酸化物質

活性酸素の発生を抑えたり、無害なものに変える働きをするものが、
抗酸化物質(スカベンジャー)」です。

体内で作られる酵素(SODなど)と、体外から摂り入れる物質の2種類があります。

体内で酵素を作る能力は、年齢とともに徐々に低下してしまうので、
活性酸素の害から体を守るには、
抗酸化物質を含む食品やサプリメントを摂取することが重要です。