朝食が食べられない方へ

朝食が食べられないのは、

 ・時間がない
 ・食欲がない
 ・食べるのが面倒

という理由が多いようです。

でも、もし朝食が野菜ジュース1本だけ、バナナ1本だけでもいいなら・・・
この問題はすべて解決できますよね。

たったそれだけなら、食べなくても同じだと思いますか?
いえいえ、決してそんなことはありません。

何も食べないのと、少しでも何か口にするのでは、
体調も、栄養のバランスも全然違ってきます。

自分の食べやすいものならなんでもいいので、
何か少しだけでも食べる習慣を身に付けてみませんか?

朝食を食べないと、太りやすい体質になるし、生活習慣病にもなりやすいです。
また、集中力ややる気がなくなることも有名ですね。
アンチエイジングの視点から見ても、太りやすい、体内のバランスが悪くなる、
というのは無視できない問題です。

朝食を食べるようになれば、

 痩せやすい体質になる
 お通じも快適
 集中力、やる気アップ
 栄養バランスが良くなる

などなど、いいことずくし。
食べやすい、簡単なものでいいので是非朝食をとるようにしてみてください。


食欲がなくても食べやすいものには

 ・果物
 ・ヨーグルト、ゼリー
 ・スープ、お味噌汁
 ・野菜ジュース

などがあると思います。
これ以外にも、自分が食べられそうだと思うもの、自分が好きなものなら
初めはなんでもいいです。

まずは、何か食べるということを習慣にするだけでオッケイです。
毎日、なにかしら食べられるようになったら、
より体にいい食べ物や、アンチエイジング効果の高い食べ物を
選ぶようにすると効果アップですね。

そして、「自分はキチンと朝食をとっている」と、思ってください。
「ヨーグルトしか食べていないから、ダメだな〜」と思うのではなく、
「朝はヨーグルトを食べている。ちゃんと朝ごはんを食べている私ってエライ!」
と思って欲しいのです。

同じことをしていても、マイナスに考える人とプラスに考える人がいますね。
なんでもプラスに考えれば、その気持ちでもっと良くなることができます。

自分で自分をいっぱい褒めてあげてくださいね。